カーテン選びカーテン選び

カーテン選びのポイント

カーテンを実際に設置してみると「あれ、イメージと違う…」という経験をされた方も多いようです。
カーテンはお部屋の中でも広い面積を占めるので、インテリアの要素としてとても重要です。
私たちスタッフが、カーテン選びのお手伝いをさせて頂きます。

アイテムを選ぶ

カーテンをはじめ、シェードやスクリーン、ブラインドなど各種取り揃えております。
カーテンとシェードなど組み合わせを楽しんだり、リビングやキッチン・子供部屋とお部屋に合う商品を探してみましょう。

カーテン

カーテンでは生地の種類を大きく分けて、厚手生地を“ドレープ”、透過性のある薄手生地を総称して“レース”と呼び、その組合せと縫製方法でコーディネートを楽しみます。組合せ方にルールはありません。
縫製方法として、上部のつまみ部分は2倍ヒダの“3つ山”や1.5倍ヒダの“2つ山”がスタンダードとなっていますが、他にも様々なものがあります。
例えば、ヒダをとらず本来の生地感を活かせる“フラット”、生地をたっぷり使い可愛らしい印象の“ギャザー”、ハトメを打ち直接レールを通すカジュアルな“ハトメ”など…。また、裾やサイドにトリムやフリルをあしらったり、異なる生地を継合わせたり…自由に個性を活かせます。
最近では、部屋側にレース、窓側にドレープを吊った“フロントレース”スタイルも人気です。

ローマンシェード

チェーンやコードを操作して、上下に昇降するスタイルです。
カーテン生地で制作するため(一部非対応生地有り)、一つの空間で、カーテンとローマンシェードを同じ生地でコーディネートすることができます。
シンプルなプレーンシェードからデコラティブなオーストリアンシェードまで、種類は様々。
ローマンシェードでも、フリルやトリムでデコレーションしたり、異なる生地を継合わせたり、ツインシェードでフロントレースにすることも可能です。

ロールスクリーン

チェーンやコードを操作して、上部に巻き上げて収納します。収納されるととてもコンパクトで、開放感ある空間に。
近年多く見られる、縦型・ 横型のスリット窓に対しても美しく納まります。
無地のイメージが強いロールスクリーンですが、こだわった質感や美しいプリント柄、経木など、スクリーン生地の種類は豊富です。
また、最近は様々な調光タイプのロールスクリーンが各社から登場し、インテリア性だけでなく機能面からも、人気が高まっています。

プリーツスクリーン

チェーンやコードを操作して、プリーツ状にたたみ上げて収納します。近年多く見られる、縦型・横型のスリット窓に対しても美しく納まります。
スクリーン生地は和紙調からポップなプリント柄まで様々ですが、特に和紙調は本物の和紙と見間違えるほどの美しい生地感で、和室に人気です。(素材はポリエステル100%です。) ツインスタイルでは厚手生地とシースルーの高さ調節が可能です。

– ハニカムスクリーン

あらゆるモノに“省エネ効果”を求められる昨今、そのニーズに合わせて生まれた商品です。
操作はプリーツスクリーンと同じですが、スクリーン生地の構造が異なります。ハニカムスクリーンは二枚の生地からなるハニカム状の空気層によって、断熱・保温効果を高めた商品です。一方、プリーツスクリーンは一枚の生地をプリーツ状にしたもので、断熱・保温効果は求める商品ではありません。

横型アルミブラインド

アルミ製のブラインドで、コードやポールを操作し、スラット(はね)の角度調節や昇降をします。機能性、またはファッション性という目的に合わせて選ぶことができます。
機能性タイプでは、お手入れのしやすさと省エネに重点を置いた、“酸化チタン加工”“フッ素加工”“遮熱”といったオプションがあります。
ファッション性タイプでは、スラット幅や色、ラダーテープという装飾リボンをカスタマイズし、オリジナリティに富んだブラインドを仕立てることができます。

横型ウッドブラインド

木製のブラインドで、コードを操作し、スラット(はね)の角度調節や昇降をします。天然木のあたたかみと重厚感は格別です。
インテリア性重視のアイテムと思われますが、アルミ製に比べ静電気を防ぎ埃がつきにくく、断熱効果も高いという機能性メリットもあります。
スラットに厚みがあるため重量が重く、たたみあげた際のたたみ代も大きくなるという特徴があります。
一部メーカーによる竹製のバンブーブラインドは独特の清涼感が人気の商品です。

縦型ブラインド

ルーバー(はね)を縦に配したもので、コードやポールを操作し、スラットの角度調節や開閉をします。
厚手生地(またはレース生地)で作るシングルスタイルと、厚手生地の間にレース生地を挟み込んだセンターレース(またはペア)スタイルがあり、採光と視線のコントロールが可能です。
ルーバー生地は、ロールスクリーンと共通しているものが多いため、一つの空間でロールスクリーンと同じ生地でのコーディネートができます。
また、ルーバー生地は色を自由にミックスすることができ、遊べるアイテムです。

カーテンレール

カーテンレールは大きく2種類に分けられます。レールもインテリアとして見せる『装飾性レール』、機能性に重点を置いた『機能性レール』
レールは絵で言うフレームのようなもの。どんなレールを選ぶかで、カーテンの見え方も変わります。

– アクセサリー(ふさかけ・タッセル)

カーテンレールやタッセルとのコーディネートが楽しめるふさかけ。アームホルダーはカーテンを直接掛けて使用します。
タッセルは、カーテンの共生地を縫製するタイプが主流ですが、その縫製スタイルも様々。リボンやフリル・トリムをあしらうことも可能です。
また、ワイヤーやビーズ・リボン・ロープなど、様々な素材で作られたアタッセルは、まさにアクセサリー。

テイストから選ぶ

テイストというと難しいようですが、“好みの雰囲気”と気楽に考えましょう。
テイストが決まっていると、色柄がずっと選びやすくなります。
お持ちのソファやラグや照明を参考にされると、統一感のあるコーディネートになります。
気になるインテリアキーワードを組み合わせて、イメージしてみるのもよいですね。

イメージから探す

キーワードを組み合わせて探す

  • アーバン・モダン

    アーバン・モダン

  • アジアン・モダン

    アジアン・モダン

  • アメリカン・ビンテージ

    アメリカン・ビンテージ

  • スカンジナビア・ナチュラル

    スカンジナビア・ナチュラル

  • スカンジナビア・ヘルシー

    スカンジナビア・ヘルシー

  • トラッド・モダン

    トラッド・モダン

  • フェミニン・ナチュラル

    フェミニン・ナチュラル

  • フレンチ・シャビー

    フレンチ・シャビー

  • リラックス・モダン

    リラックス・モダン

  • 和・トラッド

    和・トラッド

機能

ウォッシャブルや遮光など定番機能の他に、様々な機能を持つカーテンがございます。
最近では、プライバシーを守る機能としてミラーレースや、省エネルギー効果のある機密性の高いカーテンも人気です。

ページトップ